人気ブログランキング |

冬の講習会の案内を配布しました

今年度の冬の講習会の案内を配布しました。
高3にはもうすでに配布してあります。
高3はセンター試験や受験があり、
他の学年よりもタイトな日程ですので
早めに動いています。

今回は
中3
高1
高2
高3

の講習会を予定しています。
他の学年は今年は行わないことにしました。
我々の日程がうまく組めないというのもありますが、
まだ通常授業と自主勉で十分な感じだからです。

おうちの方、NGの日の確認よろしくお願いします。

因みに
おかげさまで塾生の席はすべて埋まりまして、
今年度の塾生の募集は停止させていただきます。
来年度の問い合わせは受け付けていますが、
卒業する塾生の人数しだいになりますので
お問い合わせいただければと思います。

今日も頑張って全塾生が来て勉強しています。

我々も頑張ります。
お~( `ー´)ノ




# by moujuku | 2019-11-06 21:43 | MOU塾 | Comments(0)

コメントを承認制にさせていただきます

今回は、塾生の様子ではない内容になります。
このブログのコメントに関してですが、
今後は承認制にさせていただきます。

このブログはMOU塾をご存じない方ももちろんご覧になっていただいています。
こう見えて(?)結構いろんな方に見ていただいているようです。
コメントもこれまでもいただいていましたが、
実はどなたか書いているか、わかる方からの、塾生に関する内容のコメントでした。

色々な方からのコメントになりますと、
なかなか返信を書くのも難しく、
かえって失礼なことになるような感じがしまして、
色々考えましたが、承認制という形をとらせていただくことにしました。

これからもよろしくお願いします!
( `ー´)ノ

# by moujuku | 2019-11-04 20:36 | MOU塾 | Comments(0)

ハロウィンですね

10月も終わりますね。
早いです。
あっという間に一年が過ぎようとしています。

今日はハロウィン。
ということで、塾生たちにそんな雰囲気のお菓子を準備していたのですが、渡すのをわすれていました。
先程慌てて渡しました。

ところで、今日は
実はハロウィン以外に凄い日でもあります。

…なんと、
mou先生の誕生日なんです!٩( ᐛ )و

ということで、久しぶりに塾生達と写真をとりたい、
とmou先生が言い出しました。

撮りましょう!写真を!
d0317056_22412013.jpeg

mou先生にとっては最高のハロウィンになったんじゃないでしょうか。

# by moujuku | 2019-10-31 22:30 | Comments(0)

今年度の中3の募集につきまして

今年度の中3の募集についてお知らせがあります。

今年度の中3の募集は定員になりましたので
停止させていただきます。

中1、中2に関しましては残り1名の募集でしたが、
現在問い合わせを頂いています。
もし、その生徒さんが入塾になりますと、
中学生の募集を今年度は終了させていただくということになります。

もし、座席が空きましたらまた募集させていただきますので
お問い合わせは随時受け付けさせていただきます。

現在頑張っている塾生たちのために
我々も頑張っていきます!
お~( `ー´)ノ


# by moujuku | 2019-10-28 20:49 | MOU塾 | Comments(0)

MOU先生からです

MOUです。

令和に元号が変わりましたが、私の生活は何も変わっておりません。
有難いことに、自然災害に見舞われることもありませんでした。きっと、この恩恵を何かで返す義務みたいなものを授かっているんだと思い聞かせているところです。

日々、塾生には「倦まず、弛まず勉強をしなさい。」と言い続けています。

同時に、「勉強ばっかりして、軟弱だよな。」などと小馬鹿にされないように、体だけは鍛えなさいとも言っています。筋力トレーニングは一人でできます。それが、もしできないのならば、本人の意識が低いからにほかなりません。文武両道であるべきだと伝えています。

現在所属する塾生のほとんど(中1を除いて)が、塾が終わる夜の11時まで勉強しています。
「やりなさい。」と言っている私が言うのもなんですが、よくやっていると思います。

 昔(塾を開く前ですが)、やんちゃな中学生男子に、

「先生、なんで、勉強しなきゃならないんですか? やったからって、どうかなるんですか? なんか、いいことあるんですか?」

と質問されたことがあります。(もう、その子は今、30歳をゆうに過ぎていると思いますが。)

その時、私はこう答えました。

「勉強は、やりたくないからやるんだ。ゲームは、誰でもできる。勉強はやりたくないから誰でもできるもんじゃない。だから、やりたくないことをちゃんとやった者に価値が生まれるんだ。・・・勉強をやったからどうなるとか、いいことあるとか、そんなことは誰にもわからない。そんなことがもし最初からわかっていたら、生きる意味が薄くなる。つまらない人生になる。・・・」と。

この考えは、それから20年以上たった今も変わりません。

 多くの諸先輩方が、指摘してくれているように、若いうちは「我慢」を習得する時期だと思っています。
淡々と、何事もない日常が過ぎていくことを、当たり前に受け止めて、多くの制限を受けながらやるべきことを淡々とこなしていく時期だと思っています。

この考えが、時代の流れとともに不釣り合いだというようなニュアンスを帯びてくるのが残念です。

デジタル化が進む一方で、失われていく『阿吽の呼吸』の感覚。
何でも、情報として「目に見える形」にしなくては、存在を認められない現在。そうではなく、言葉では表せない阿吽の魂のような、そんな精神のつながりを求めて生きたい。

 塾を開いて10年になりますが、少しずつ、そんなスピリッツが芽吹き始めているような気がします。
これまで、この塾で学んでいった卒塾生たち。彼ら、彼女たちが、この場で共有した空気は、決して消えることなく、有名かば焼き店の「万年タレ」のごとく熟成していってると思っています。

 私は、今回、初めてここに(カミさんのブログのページを借りて)このようなメッセージを書こうと思い立ったのは、定期的に出している『MOU塾通信』を、卒塾生、また親御さんなど、ここまで支えてもらった人たちとも、共有していった方がいいと思ったからです。

 私たちは、塾内では、塾生の成績はすべて公開しています。
卒塾生の成績も同じです。卒塾生のデータは、現役の生徒のよい見本となり、目指すべきもっとも確実なインパクトを生み出してくれるからです。

でも、そのあたりに関しては、このブログは、塾の直接関係のない方たちも見るものなので、できるだけ配慮をして書いていきますが、そんなに、通常のものと変わらないかもしれません。

そもそも、成績を、プライバシー保護だといって守るなら、スポーツも同様、名前などは出すべきではないでしょう。それが、スポーツはよくて、学習結果はだめでは、筋が通らないと私は思っています。

「文武両道」という言葉がありますが・・・。

「文」が勉強で「武」がスポーツだとするなら、同等に評価してしかるべきだと思っています。
結果が良いことだけを注目するのではなく、そこに行きつくまでの過程を第一に評価していきたいと思っています。

 この10月のテスト結果について、全体の10%以内に入った生徒を中心にお伝えします。
年下から順に・・・

TMSN(高楯中1年)・・・2学期中間テスト 468点 *1番か2番

HNR(4中3年)  ・・・2学期中間テスト 481点 
KZN(高楯中3年)・・・2学期中間テスト 465点
RT(4中3年) ・・・2学期中間テスト 449点
KI (4中3年) ・・・2学期中間テスト 441点
HKR(4中3年) ・・・2学期中間テスト 431点
MKT(2中3年) ・・・2学期中間テスト 320点

HNR(4中3年) ・・・第3回実力テスト 450点 学年 2番
KZN(高楯中3年)・・・第3回実力テスト 375点 学年 5番

KIG(中央1年)・・・2学期中間テスト  学年 1番
HN (山東1年)・・・前期期末テスト 普通科 9番

SMR(西高2年)・・・2学期中間テスト 文系  9番
YUT(南高2年)・・・2学期中間テスト 文系 23番
RNT(中央2年)・・・2学期中間テスト 文系 10番
MSY(中央2年)・・・2学期中間テスト 文系 13番

KNN(山東3年)・・・9月ベネッセ・駿台模試 偏差値 64.2 文系 28番

それぞれ、よく頑張っています。
結果は、もちろんですが、努力。弛まない努力を続けていこうとしているからです。
だから、反対に考えれば、その努力をやめたら、結果はついてこなくなるでしょう。
勉強が体に習慣として染みつくまでは、2,3年は最低かかります。

 きっと、周りの友達は遊んでいたりするんでしょう。
当然、塾生の面々も遊びたくなるし、勉強以外のことをもっとやりたくなる。
そして、何故遊んじゃ悪いんですか?という外からの声も聞こえてくる。
「勉強だけがすべてじゃないんですから。」というジョーカーみたいな文言も。
それを言ったら、何でも当てはまってしまう危険な言葉なのですが・・・。

「〇〇だけがすべてじゃない。」

どんな状況、どんな事態にでも通じる、自己弁護のための否定語。

 ちょっと話を変えますが、若い頃、映画のシナリオ書きの勉強をしていたころ、石堂淑朗という松竹出身の先生でしたが、その方が言っていた言葉で忘れならないものがあります。

「(シナリオに)書いてはいけないセリフがある。・・・ということは、日常においても使わない方がいい言葉なのだけれども・・・。」と前置きして、

「『だから何だ。』・・・これは、絶対に使ってはいけない。これを使うと何にでも使えてしまうし、すべてが、積み上げてきたものすべてがゼロになってしまうので。」

 私たちは、確かに、何かを積み上げて生きています。
時には、無残にも潰されてしまうこともありますが、それでも、日々積み上げる努力を惜しんではならない。
それを、打ち消すような言葉は、その時は一瞬の慰めになるかもしれませんが、建設的な思考には結びついていかない。
「〇〇だけがすべてではない。」も同じ類の言葉だと思います。

これからの時代は、本当に、想像もつかないようなことが待っているかもしれません。

多様性を先に認めることも大事だとは思いますが、その前に、やらなければならない努力を淡々とこなしていく忍耐力を身につけることの方が大事だと思うのです。そうした方が、もっとその先にいずれ大きな多様性を生み出す力となるのではないかと思うからです。

子ども達が、のびのびと塾で勉強できるのも、塾の費用はもちろん、送迎等、日々のバックアップなくして成立することはありません。みなさまのご理解、ご協力に感謝致します。

                                      MOU塾 代表 安達浩寿











# by moujuku | 2019-10-24 19:24 | MOU塾 | Comments(0)