3月

明日は中3全員で
最後の過去問を解きます。
学校では
「ここからは、あんまりガツガツ問題をやることはない」
みたいなことを言われたようです。

確かに
数学の図形なんかのように
難しくて、1問に20分もかかるような問題に挑戦して
解けなくて、腐る・・・
そんなことはやる必要はありません。

ですが、
簡単な解ける問題をやって
安心していても
自己満足に陥るだけです。
わかる問題を何回やっても
点数は伸びません。

分からない問題、
「うわ!これ入試に出たらヤダな!」
って問題をやるんです。

社会や理科の、
自分ができなさそうなところをやるんです。


「・・・ハイ!
・・・・ハイ!
これは大丈夫!」

こんな確認は勉強をやった気になれるだけです。
やった気になれる勉強に満足するくらいなら
寝たほうがいいです。

まだまだ『調整』をする時ではありません。
っていうか、受験に『調整』はいりません。

一つでも多く
わからなかったことをなくしましょう。

「わからないところがわからない」

勉強をしていない子どもがよく言う言葉ですが、
今の中3の塾生にはそんなことを言う塾生はもういません。

自分が不安なところをやりましょう。
わからないところがなくなる日なんて
永久に来ないんです。

勉強が終わる日は来ないんだぁ~!

「わからないこと」にビビらないで
強気に、そして謙虚に
問題に取り組みましょう。

おっと日付が変わりました。
家に帰って今から夜ご飯食べます。
お腹すいた~。
[PR]
by moujuku | 2014-03-02 00:11 | MOU塾 | Comments(0)


<< MOU語録(3月前半) 小学生英語 >>